Entry: main  << >>
チョコレート0Rクッキー?パンか?
 皆様こんにちわ♪♪

2月14日・・そう!バレンタインデー♡
皆様はいかが過ごされましたか?

若い先生方は一生懸命手作りチョコを

大好きな人のために・・なのでしょうねぇ〜

うちの三姉妹は 一人の娘は 友チョコ50人分プラスパパ?の分
もう一人の娘は 本命彼氏に2種類も作ってプラスパパの分・・あと一人の娘は・・
「ままぁ・・パパの買うとき私の分も買っといて・・それパパにあげといて〜」

それぞれ、個性豊かに頑張って作っていました。

プラス パパの分でも  娘からのチョコは
涙が出るほど嬉しかったようです。

私は  数年前の手作りチョコケーキを主人に

チョコか?  いや  クッキーかな?・・あーぱんか?」

と散々言われて以来・・市販のお徳用チョコと決めています。

言葉ってたいせつですよね・・

相手を喜ばしたり、悲しませたり・・・

できる限り言葉の使い方に気をつけようと

毎年2月14日に思うのです。

お子様とたくさんお話して、語彙を増やしたり、コミュニケーションをとったり

するときに 言葉の使い方を工夫してみて下さい

子どもにとって難しい言葉はとても多いです。
たとえば

〜個ずつ  AとBのちがいは? 〜より まえから うしろから あわせて

かさねる どっち どちら 3ばんめ


さんすうの問題も「3個ずつわけました。」
〜ずつがでてくると そこでつまずく子が以外に多いです。

こういう子の場合は 体験不足もある場合が多いですね。
子どもに経験してほしいお手伝いに
お皿の上に〜ずつわけてね・・とか

上から4ばんめの引き出しにいれてね・・など実体験をさせてみて下さい

こういう経験が算数も国語もできる子にします。

お手伝いが上手くできてもできなくても 感謝の気持ちは伝えましょうね

「ありがとう♡助かったわ♪」

人間しかできないコミュニケーション・・言葉を使うことですね。

3年前に3歳の男の子の生徒に「せんせい、大好き♡」と言われて
キュンキュンした思い出があります。
先生の名前上手にかけました。ありがとう♪

幸せな気持ちになりました。

最近は「先生大好き」ではなく
「コペルだいすき♡」といわれます・・
うーん いい!いい!

「コペルだいすき♡」ありがとう♡先生はとてもうれしいです。
一番大きい人が私だそうです。クラスのお友達を描いてくれました。
のびのびして、温かい絵をありがとう♡ 先生・・可愛く描いてくれて
ありがとう♡

コペル岐阜教室 小島裕美



| コペル岐阜教室 | 15:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment








Trackback