Entry: main  << >>
目のこと
近年、弱視レッドの子供が増えてきたといわれています。
皆さんもご存じだとは思いますが、赤ちゃんの時の視力は低く、
成長とともに、視力が上がっていきます。
大体、3歳ころには1.0位になるそうです。

目の検査は、3歳児検診の時に始めて行うことが多いようです。
市町村によって、やり方が異なるとは思いますが、大体は、市など
から送られてきた用紙にそって、親が検査するそうです。
ただ、3歳児は言葉もまだ未熟だったり、検査自体を嫌がり涙、きちんと
はかれないことも多々あるようです。
この時に、子供の視力について見逃してしまうと、小学校の入学前検診の
時に初めてわかり、これから治療・・・になってきます。

6歳になってからは、治りにくいそうで、やはり早めにみつけられると
いいと言われています。
このこともあり、園によっては、年中から検査を実施している所もあるようです。

ブラックの見え方は、本人しか分からないので難しいのですが、少しでもおかしいなと
思ったら、早めに対処してあげられたらいいなと思います。

 
| コペル岐阜教室 | 12:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment








Trackback