Entry: main  << >>
お月見は満月の日?

みなさん、こんにちは
9月になりました。
旧暦の8月15日には、「十五夜」「中秋の名月」「芋名月」といって、月を鑑賞する習慣があります
今年の旧暦8月15日は、9月8日です。
ススキと一緒に、お団子やお餅をお供えしますね

地域によっては「芋名月」と呼んで、サトイモをお供えするところも。
「十五夜」は中国発祥の行事で、中国では月餅とサトイモを食べることから、もともとはサトイモの収穫を祝うお祭りだったという説もあります
日本には奈良か平安時代に伝わりました。

また、旧暦9月15日にも「十三夜」「後の月」「栗名月」といってやはりお月見をしますが、こちらは日本独自の風習だそうです
今年は10月6日がその日です。
十三夜にはお団子のほか、栗をお供えします

「十五夜をしたら、十三夜もしなければならない」とされているそうで、片方だけやるのはNGらしいです
でも、お団子などおいしいものを食べられるのですから、何回でもやりたいですね。

旧暦は月の満ち欠けで日にちが決まりましたが、現代の暦はそうではありません。
そのため、現代では、旧暦の8月15日や9月15日に該当する日が必ず満月になるわけではありません。

今年は、
旧暦8月15日・・・9月8日 満月・・・9月9日
旧暦9月15日・・・10月6日 満月・・・10月8日
です。

お月見は、暦どおりの日付でやるか、満月の日にやるか、迷っちゃいますね
どちらにしても、お子さんたちのために、お団子たくさん用意してくださいね


| コペル岐阜教室 | 14:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment








Trackback